社員が育つ人事制度(スキルアップ制度)を構築する3つのメリット


メリット1

やれている仕事とやれていない仕事を明確に見える化することで、社員個々人の目標が明確になり、社員が育つ土台を作ることが出来ます。

メリット2

人事制度の運用では、上司と部下で目標を決める面談を行うなどのプロセスが重要なため、それらの面談などを通して職場のコミュニケーションが向上します。

メリット3

賃金格差をつけるような制度ではなく、人材育成に主眼を置いた人事制度の導入により、社員自身が自己成長を感じることの出来る職場環境を作り上げることが出来ます。


当事務所が提案する人事制度(スキルアップ制度)のコンセプト


 あくまで「人材の育成に主眼」を置き、大きな賃金の格差をつけるような制度とは致しません。

 中小企業に特化した「シンプル」で「運用が容易」な人事制度を提案します。

 人事制度の設計は、会社で働く全てのヒトが作り上げていくものだと考えています。当事務所がコンサルタントとしてお手伝いするのは、人事制度設計のロードマップを示し舵取りをすることであり、主役は会社を良くしていきたいと考える全てのヒトです。


人事制度導入の基本的な流れ


 ステップ1 <制度のマスター設計>

人事制度の基本方針の決定(評価の方向性・評価期間・賃金配分の考え方など)

経営ビジョンの明確化(会社としての目標設定)

 ステップ2 <評価制度設計>

仕事しらべにより業務の洗い出し(キージョブの決定)

コアコンピテンシー(期待する社員像)の洗い出し

スキルマップ(3年後・5年後にどのような能力を身につけて欲しいか)の作成

評価要素(成果・勤務態度・能力)の決定

ステージ(マネジメント・リーダー・スタッフ)への業務の配置(求められる仕事の明確化)

 ステップ3 <賃金配分設計・試算表の作成>

評価と賃金のバランス調整(定例賃金だけではなく、賞与や一時金とのバランス調整など)

 ステップ4 <考課者研修・従業員説明会>

人事制度の手引き作成(運用マニュアル)・考課者研修の開催・人事制度の概要を社員全員に説明

 ステップ5 <導入・運用支援>

上司と部下の面談支援や人事制度運用時の支援


取扱い業務

各業務の詳細資料


各業務の詳細資料をメールにてお届けしています。お気軽にご請求下さい。


office information



情報発信ツール


齋藤正憲社会保険労務士事務所 facebook


ブログ「社労士マサの予防労務管理のススメ」


ツイッター「今日のツブヤキ」


メールマガジン「会社が成長する!人が成長する!人事・労務管理のツボ」